BACKSTREET BOYS SHOW 'EM WHAT YOU'RE MADE OF<ネタバレ有>
2015 / 04 / 09 ( Thu )


いやぁどぅもお久しぶりです、絵瑠です。生きてます(笑)

友人とBSBのドキュメンタリー映画見てきたら色々語りたくなって
物凄く久しぶりに更新しておりますw

ネタバレもあるかと思いますので続きに書きますが、
これから映画見る方はまだ開かないでねw




てかね、いきなり最初のシーンが立ちションってwwwオイオイ (;^◇^)ノ ~☆

より巣の部分が見られて、それだけファンとの心の距離が近いって事にしときましょうかねwww



で、突然のブライアンの障害告白。

誰もがおかしいと思っていた喉の調子。

いつも風邪だって言ってたけど、それだけじゃないような気はしてた。

声を出すのが辛そうでしたね。でもまさかそんな障害を患っていたなんて・・・

衝撃でした。

そしてニックとのマジ喧嘩

ニックもただ怒っているんじゃなくて、ブライアンを想うからこその苛立ちだというのがわかった。

しかも、よりによってメインボーカルのブライアン。

(他のメンバーなら良いという意味ではないです。)

一人で抱え込んで解決しようとするブライアンに、あえて厳しい事を言ったんだと思う。

皆で支えあって、協力して治していこうというケヴィン。

声帯に問題は無いのに声が出ないなんて。原因は分からない障害なのかな

それでも、今でもめちゃくちゃ上手いんだけどね。

いつの日か、あの神レベルの美しい声が戻ってくるのを信じて待っていたいと思います。



そしてもう1つ衝撃だったのが、ハウィー。

BSB結成当時、ハウがメインボーカルだったのは知識として知っていました。

ブライアンとケヴィンの従兄弟コンビが加入して

メインがブライアンに変わった時、悔しい気持ちが多少あっても

優しいハウの事だからすぐに認めていたんじゃないかと勝手に思っていましたが

あんな気持ちを抱えていたとは・・・

優しい優しいハウの口から「腹立たしい」なんて言葉が出てきたのが信じられなかったです。

ただただ優しいだけよりも、そんなハウの一面を知る事が出来て

人間味があっていいなぁと感じました。



それぞれの生まれた家、育った学校などを訪問していったシーン。

母校を訪問し、恩師に会って子供の頃の辛かった事を思いだしたニックが

泣きながら抱き着いたのが父さん(ケヴィン)というのもなんだか感慨深いというか。

実の父よりも父親的な存在がそばにいてくれて、

ニックが今までどれだけ助かってきたのかがわかりますね。



そしてLIVEのリハーサルシーン。

彼らの歌とキレッキレのダンスは何年たってもいつも完璧で

私の目には、とても簡単にやっているように見えていました。

もちろん陰で努力もしてるんだろうとは思ってましたけど。

まさかあんなにハードな練習を繰り返していたとは

これからは今までとは違う目線で、彼らのパフォーマンスを見ることが出来そうです。

パパ達がリハしてる後ろを、チビちゃんたちがチョロチョロしてるのが可愛かったwww





最後のアンプラグドLIVEシーン。

やっぱり映画館の音響は素晴らしいですね

まるでLIVE会場にいるかのような錯覚を覚えました

歌い終わった後、拍手しそうになりましたからワタシwww

ここは映画館だった・・・ΣΣ( ̄◇ ̄;)


今回の映画を通して、Boysを改めて尊敬っ

もっと好きになりましたよ

早くまたナマ歌聴きたいっ


関連記事
スポンサーサイト
20 : 10 : 24 | BSB | コメント(0) | page top↑
<<ご冥福をお祈りします。 | ホーム | 新年&生日大快樂!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |